ご挨拶

環境パートナーシップ・CLUB 会長 寺師 茂樹 トヨタ自動車株式会社

環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)は、中部地域の産業界が中心となり業種・業態の枠を超えて環境負荷低減活動などに関する研究、交流、実践、そして情報発信を行うことにより「循環型経済社会」の構築を目指して2000年2月に設立され、多種多様な活動に取り組んでおります。

設立以来、ISO14001の取得促進、環境経営に資する情報提供、資源循環・低炭素・自然共生等に関する先進事例の調査、次世代層への環境啓発や海外研修生との意見交換など多岐にわたる活動を常に社会や会員のニーズに合わせて展開してまいりました。2005年からは愛知県とともに愛知環境賞の表彰を行い、環境負荷の低減に資する先駆的事例の紹介を通して資源循環型社会の実現を支援するとともに、2005年の「愛・地球博」(日本国際博覧会)、2010年の「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)、2014年の「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」に協力するなど、自治体や地域と一体となった取り組みにも注力してまいりました。

一方で、異常な猛暑や大規模な水害、干ばつなどに代表される身近な脅威が年々大きくなっていることを実感し、気候変動をはじめとする地球規模の環境問題が緊迫感を増すなかで、2019年12月にスペインで開催されたCOP25において様々な課題に対して協議が行われましたが、各国の立場の違いなどによって足並みが揃わず、あらためて地球規模の環境問題に対して世界各国が協調して取り組んでいくことの難しさが浮き彫りとなりました。

このような状況の中にあって国レベルでの取り組みに加え、各企業・団体等がより主体的に環境保全と経済活動が調和した循環型経済システムへの変革を着実に進めていくことや、業種・業態の枠にとらわれない企業間連携、産官学や地域の幅広い主体との連携などの重要性がより一層高まっていると感じています。

EPOCはまさにそのような多様な主体との連携を20年にわたって進めており、今後、その存在感や役割はますます大きくなるものと考えております。本年、新たにEPOCの2030年ビジョンを策定しました。現行ビジョンに掲げております「環境のわざ(成果)」に加えて、EPOCの強みである会員間の連携、すなわち「パートナーシップ」を活かして「イノベーション創出」を推進することや積極的な情報発信により環境行動の契機を提供することとしています。そのためにEPOC組織のスリム化や機能・役割に分けた再編などを行い、持続可能な経済社会の実現にむけて取り組んでまいります。

今後も一層のご支援と活動への積極的な参加を賜りますようお願い申し上げます。

環境パートナーシップ・CLUB会長
寺師 茂樹