2030年ビジョン

「環境のわざ」と「パートナーシップ」を活かして持続可能な経済社会の実現へ

企業が培ってきた環境のわざ(成果)を活かして、「低炭素」・「資源循環」・「自然共生」を相互に協調させた「持続可能な経済社会」の構築を目指す。

<活動方針>
  • 環境経営の実践と会員間の連携強化により、
    • 産業界全体の更なるレベルアップを図る。
    • 事業活動を通じた環境・社会課題の解決、技術革新、イノベーション創出を推進する。
  • 会員以外の企業や市民・学校等、地域との交流や情報発信により、環境行動の契機を提供する。