会員情報

前のページに戻る

ダイナパック株式会社

 当社は、2005年1月1日、大日本紙業と日本ハイパックの経営統合により、設立されました。両社の特色を合わせ、確かな存在感を持った「包創」企業を目指し、未来の包装・物流のあり方を見直し、あらゆるニーズに対応した事業展開を進めています。
 環境や社会との共存共栄が、ますます求められる時代。地球環境はもちろんのこと、顧客・株主・社員を含めた社会、そして私たちが包装するひとつひとつの製品にいたるまで、企業をとりまく全てとの調和を考えることを基本哲学として行動しています。
 ISO14001は2005年12月、国内の関連会社を含めたダイナパック グループ全体でのマルチサイト方式の認証に移行し、グループ全体でエネルギー使用量・廃棄物発生量の低減、リサイクルしやすい包装設計の提案など得意先様、社会に貢献できる環境保全活動を進めています。
■会員名 ダイナパック株式会社
■所在地 名古屋市中区錦三丁目14番15号
■事業内容 段ボール、印刷紙器、軟包装材および
紙製緩衝材などの包装資材の販売
■ホームページ http://www.dynapac-gr.co.jp
■連絡先 品質保証・環境室 (052-971-2652)

環境への考え方(環境基本理念・方針)

 ダイナパックは、「人に、モノに、地球にやさしい企業」を基本哲学に、地球環境保全の観点に立ち、環境にやさしい製品と技術の開発に努めています。具体的には、環境優等生である段ボール製品の他、古紙を原料とした紙製緩衝材や非木材系パルプを使用したトレイを開発するなど、地球環境の保全に貢献する製品を提供し続けています。

環境方針 基本理念
 ダイナパック・グループは、地球環境保全に貢献することが経営の最重要課題の一つであることを認識し、環境にやさしい製品と技術の開発を通じ、ダイナパックの基本哲学である『人・モノ・地球にやさしい活動』を実現します。

スローガン

"美しい地球を愛し、環境保全に貢献します。"
前のページに戻る