会員情報

前のページに戻る

中部電力株式会社

 当社は、1951年(昭和26年)に設立し、エネルギーの安定供給を通じて日本のものづくりの中心である中部地域の発展とともに成長してきました。
 当社は、エネルギー産業に携わる者として、環境問題への取り組みを経営の最重要課題と位置づけ、環境基本方針のもとグループ全体で取り組みを進めています。
■会員名 中部電力株式会社
■所在地 名古屋市東区東新町1番地
■事業内容 電気事業等
■ホームページ http://www.chuden.co.jp/
■連絡先 052-951-8211(代)

環境への考え方(環境基本理念・方針)

「中部電力グループ環境基本方針」
 中部電力グループは、地球環境に配慮した良質なエネルギーを安全・安価で安定的にお届けすると同時に、「コミュニティサポートインフラ」の創造による「新しいコミュニティの形」を提供し、「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」として、持続的な成長を目指していきます。
 この実現に向けて、環境経営を的確に実践するとともに、社員一人ひとりが自ら律して行動し、地球環境に配慮した持続可能な社会の発展に貢献します。
  1. 1 低炭素社会の実現をめざします
    • 安全性の向上と地域の皆さまの信頼を最優先に、原子力発電の活用に向けた取り組みを進めます
    • 水力、陸上風力、バイオマスに加え、洋上風力や地熱等の新たな取り組みも含め、再生可能エネルギー事業を積極的に展開します
    • 再生可能エネルギー電源や蓄電池の有効活用を可能とする電力品質の確保に向けた取り組みを推進します
    • エネルギーの最適利用を可能とするデジタル化を通じて、合理的な設備の形成・運用に努めるとともに、お客さま起点のコミュニティサポートインフラを創造し、社会のニーズにお応えすることで、省エネ・低炭素化に貢献します
  2. 2 自然との共生に努めます
    • 豊かな自然環境を守るために多様な生物の生態系に配慮し、事業活動を行います
  3. 3 循環型社会の実現をめざします
    • 資源の消費抑制を図るとともに、廃棄物の発生抑制や資源の再使用・リサイクルにより処分量の最小化に努めます
  4. 4 環境意識の向上に努めます
    • 環境とエネルギーに関して、地域社会の皆さまとのコミュニケーションを深めます
    • 環境に配慮した行動が自発的にできる人材を育成し、社会に貢献します
中部電力グループは、環境への取り組みについて、継続的な改善を進めるとともに、適時適切に情報を開示します。
前のページに戻る