会員情報

前のページに戻る

日新製鋼株式会社

 当社は、1959年4月に日本鐵板株式会社と日亜製鋼株式会社 が合併して新発足し、1962年に高炉を建設、表面処理製品・ステンレス製品などの薄板に特化した銑鋼一貫メーカーとしてその地位を築いてきました。ISO9001の認証を全製造所で取得し、お客様のニーズを高水準で達成する製造体制を整えています。
 表面処理分野では、当社開発のガスワイピング法によって製造される亜鉛めっき鋼板、アルミめっき鋼板は、優れた耐食性と美麗な表面肌が高く評価されています。また、亜鉛―アルミ―マグネシウム溶融めっき鋼板ZAMの開発など、製品レパートリーは一層の拡がりをみせています。ステンレス冷延分野では、1958年にわが国で初めてセンジミア・ミルを導入して以来、種々の新技術を開発し、常に業界をリードしています。特殊鋼分野でも、素材から一貫した品質管理を行い、みがき帯鋼は品質・数量ともトップの地位にあります。
■会員名 日新製鋼株式会社名古屋支社
■所在地 愛知県名古屋市中区錦二丁目13番19号(瀧定ビル)
■事業内容 鉄鋼および非鉄金属の製造・加工および販売
■ホームページ http://www.nisshin-steel.co.jp
■連絡先 03-3216-5566

環境への考え方(環境基本理念・方針)

 当社グループは、環境調和型社会の構築と環境保全に貢献できる事業活動に努めるとともに、環境と人にやさしい商品(エコマテリアル)づくりを推進しており、これら環境保全への取り組みは、持続的発展をする企業の重要な経営基盤であり、社会的責任と考えています。

<環境保全基本方針>
  1. 環境負荷低減に貢献する商品の提供・・・・環境配慮型商品(エコマテリアル)を開発し、環境調和型・循環型社会の構築に貢献する。
  2. 生産工程における環境負荷低減活動・・・・ISO14001を軸として、生産工程における環境負荷を低減し、省資源・省エネルギー・リサイクルに努める。
  3. 原材料等の購入から製造、物流、副産物の再資源化、環境保全型プラントの製作など、グループ全事業を連携させて環境負荷低減活動に取り組み、地域社会の一員として、地域とコミュニケーションを図りながら環境保全に努める。
前のページに戻る